英語の辞書について

英米文学科が推薦する辞書

CD-ROM版およびその他の形式の電子辞書について

英文を書くために利用する辞書について

代表的な英語の辞書

成蹊大学文学部英米文学科


  1. 英米文学科が推薦する辞書

    一口に英語の辞書といっても,最後に挙げるように目的や用途に応じてさまざまなものがある。これらの辞書をすべて個人で所有する必要はもちろんない。その大半は大学図書館に揃えてあるので,ゼミでの発表や卒業論文を書く際などに積極的に活用してほしい。

    一方,日常の学習,講義の予習復習などではいちいちこれだけの辞書を調べるのは面倒だ,ということもあるかもしれない。しかし最低限これだけは手元に揃えてほしい(そして授業のときに学校に持ってきてほしい)のは

    『リーダーズ英和辞典 第二版』(研究社)
    Longman Dictionary of Contemporary English(Longman, 1995)
    Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English(Oxford University Press, 1995)

    の三冊である。以下,簡単にその特徴を説明していこう。

    1. 『リーダーズ英和辞典 第二版』

      中辞典サイズながら見出し語27万語という大辞典なみの語数を誇る。また,訳語も吟味されており,新語や口語にも強い。とくに現代の文学作品を読むときに重宝する。なお,この辞典には補遺版というべき『リーダーズ・プラス』があり,新語や口語,熟語などがさらに収録されている。

      また,この二冊を収録したCD-ROM版(Windows版,Macintosh版)があり,一度に二冊分の情報が検索できるので便利である。残念なことに,現在販売されているものは『リーダーズ英和辞典』の旧版が収録されている。近日中に最新版が収録されているものが発売されるはずなので,それまで待ったほうがよいかもしれない。

    2. Longman Dictionary of Contemporary English(『ロングマン現代英英辞典』丸善・桐原書店)

      英語を外国語として学ぶ人のために作られた学習用英英辞典の代表というべきものが,この『ロングマン現代英英辞典』(Longman Dictionary of Contemporary English,略称LDOCE)と,次に紹介する『オックスフォード現代英英辞典』(Oxford Advanced Learner's Dictionary,略称OALD)である。英和辞典を使っているだけでは,単語や熟語の語感(どんな「意味」の言葉か,ということだけでなく,どんな「感じ」「ニュアンス」を持った言葉か,ということ)がなかなかわからないことが多いが,学習用英英辞典を使うと理解が深まる。とくにLDOCEは,例文が充実しており,言葉の意味を文脈から把握することが可能である。残念なことに,旧版に比べ収録語数が減り,より初学者向けになっているので,OALDと併用することを薦める。

    3. Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English(『オックスフォード現代英英辞典』開拓社)

      LDOCEよりも多くの語が収録されており,やや旧式の表現まで載っている。ただし,例文よりも例句が多く,使われている文脈を手がかりに語感を類推することが難しいことがある。LDOCEとの併用を薦める。なお,Windows上で動作するCD-ROM版が出ているが,動作条件が厳しいのでコンピューターに詳しい人以外は手を出さないほうがよい。


  2. CD-ROM版およびその他の形式の電子辞書について

    最近はCD-ROMのかたちで出版され,コンピューター上で使えるようになっている辞書も多い。コンピューターで書類を作成し,インターネット上で情報を収集することができるようになることがこれからの社会でますます必須になっていくことは言うまでもないが,大学で学ぶにあたっても,コンピューターやインターネットの知識は有用なことが多い(とりわけ,卒業論文を執筆する際に,ワープロよりもコンピューターが使えたほうがいくつかの点で有利である)。
    CD-ROM版の辞書の利点と欠点
    CD-ROM版の辞書は,紙の辞書と比べて(1)かさばらない(2)検索が速い(3)複数の語を組み合わせた検索や後方一致検索など,紙の辞書ではできないような検索が可能,という利点がある(その一方で(1)コンピューターを起動するのに時間がかかる(2)持ち歩くためにはラップトップ型のコンピューターが必要,という欠点がある)。CD-ROM版の辞書は紙の辞書よりも若干高めの値段で販売されているものが多く,学生諸君にとってはなかなか手が出ない代物かもしれないが,持っていると便利であることは言うまでもない。

    なお,CD-ROM版の辞書にはWindows上で動作するものとMacintosh上で動作するものがある。中にはどちらでも動作するものもある(EP-WING CD-ROM版とあるものは日本で定められたCD-ROMの標準規格であるEP-WINGに準拠しているので,どちらでも動作する)が,片一方でしか動作しないものもある。またそもそもWindows版しか販売していない,というものも少数だがある(Macintosh版しかない,というものはほとんどない)。購入するときはかならず動作環境を確かめよう。

    CD-ROM版以外の電子辞書
    なお,コンピューターを必要とせず単体で動作する「携帯電子辞書」というものもあり,コンピューターとCD-ROMの組み合わせに比べて,(1)コンピューターよりも携帯が容易,(2)起動するのにそれほど時間がかからない,という利点がある。ただし,購入する際には注意が必要である。価格の安いものは収録語数が少なく,したがって英米文学科での学習にはあまり役に立たないようなものが多い。『リーダーズ英和辞典』(研究社 IC辞書リーダーズ英和辞典),少なくとも『ジーニアス英和辞典』が収録されているもの(カシオ エクスワードXD-1000,シャープ 電子辞書 PW-6000 など)を選んでほしい。

    また8cm CD-ROM(シングルCDと同じサイズ)を使う電子ブックリーダー(ソニー 電子ブックプレーヤーDT-150など)は,自分で買い足していくことができるので電子辞書より汎用性が高い。通常の12cm CD-ROMより価格も安いが,その分検索方法などが限定されていることがある。


  3. 英文を書くために利用する辞書について

    英作文の授業やネイティブスピーカーの先生の授業で提出するレポート,あるいは卒業論文の梗概など,英米文学科では英文を書く機会は多いし,社会にでてからも,電子メールやファックスなどで海外との連絡を英語ですることがこれからますます増えていくだろう。そんなときに知っておいてほしいのが,英語を書くときに利用するのは和英辞典ばかりではない,ということだ。
    和英辞典の弊害
    難しい概念を英語でなんというか知らないときには和英辞典は便利だが,そうかといって和英辞典だけを使って英文を書くことには感心しない。理由は二つある。

    第一に,和英辞典は日本語の慣用表現がそのまま載っているとは限らない。たとえば「彼は芸能人のスキャンダル写真を撮ってマスコミに売るのをメシの種にしている」という文章を英語にするときに,「メシの種」という表現は大きな和英辞典にしか載っていないだろう。それよりも「芸能人のスキャンダル写真を撮ってマスコミに売るのが彼の仕事だ」と日本語を言い換えて考えてみれば,和英辞典をわざわざ引かなくてもよい。

    第二に,たとえ探している表現がそのまま和英辞典に載っていたとしても,英文全体の文脈にあったものになるとは限らない。最近の和英辞典では,典型的な状況をいくつかに分類して「こういうときにはこう言う」というように丁寧な解説がついてくることも多いが,そうだとしてもすべての状況を網羅しているわけではないので,実際にその言い方が使えるかどうかはわからない。

    英英辞典
    ある単語や表現が使われている文脈を理解するために役に立つのが,学習英英辞典である。英語を外国語として学ぶ人々のために書かれたこれらの学習英英辞典は,例文が豊富に載っており,そのまま英作文にも使えるようなものも多い。
    コロケーション辞典と類義語辞典
    さらに,ある程度抽象的な文章を書くときに役に立つのが,コロケーション(活用)辞典と類語辞典である。 コロケーション辞典とは,ある単語がどんな単語と結びつくのか(collocation;語相互間の自然な結びつき)を,用例をもとに示している辞典で,代表的なものに『新編英和活用大辞典』(研究社)、The BBI Dictionary of English Word Combinationsがある。

    外国語学習において,最後まで難関となるのはこのコロケーションの問題である。たとえば日本語で「ミカンの皮をむく」とは言うが「ミカンの皮をはぐ」とは言わない,というのは日本人であれば誰でも知っていることだが,日本語を学ぶ外国人にとって「むく」と「はぐ」の違いを理解することが難しい。同じことが英語にもいえるわけで,そのような間違いをなるべく少なくするために,コロケーション辞典を活用してほしい。

    類義語辞典とは,ある単語と似たような意味を持った単語(類義語),あるいは反対の意味を持った単語(反義語)を集めた辞典で,シソーラス(Thesaurus)とも言う。代表的なものに,『ロジェ・シソーラス類語辞典』 (Roget's Thesaurus)がある。英語は同じ単語や表現を繰り返し使うことをきらうので,同じような内容を言い換えるときにどんな単語や表現があるかを調べるために用いる。


  4. 代表的な英語の辞書

    ここに挙げたものは,英語の辞書のうちごく一部にすぎないが,よく使われるもの,昔から評判の高いものはほとんど載せてある。

    英和辞典

    大辞典
    1. 『ランダムハウス英和大辞典』2版 (小学館) 34万5千語 3202ページ, CD-ROM版(Windows版・Macintosh版) 著名な米国の英英辞典The Random House Dictionary of the English Language (Random House, 1987)をもとに,米国版にない見出し語3万,語義5万をつけ加えたもの。訳語に工夫が見られる。

    2. 『新英和大辞典』5版 (研究社) 23万5千語 2478ページ; 普及版, 背革装版
    実用辞典
    1. 『リーダーズ英和辞典』(研究社) 第2版,27万語 2895ページ;携帯版並装,携帯版革装,机上版,EP-WING CD-ROM版,電子ブック版
    2. 『リーダーズ・プラス』(研究社) 19万語 2880ページ; A5変型判,縮刷版,EP-WING CD-ROM版,電子ブック版  以上二冊をあわせた『リーダーズ・プラス+』がEP-WING CD-ROM版,電子ブック版あり。
    学習英和辞典(中級辞典−大学教養,高校生)

    このクラスのものは売れ筋だけに,頻繁に改訂されてきた結果,現在ではどの出版社のものでも大差なくなっている。昔から定評のあるものだけを挙げておく。

    1. 『新英和中辞典』6版 (研究社) 9万語 2126ページ; B6小判・A5判, 革装版, 机上版,CD-ROM版,電子ブック版
    2. 『プログレッシブ英和中辞典』(第3版) (小学館) 11万5000語 2178ページ; B6判,普及版,総革装版。 『Microsoft/Shogakukan BookShelf マルチメディア統合辞典2.0』CD-ROM辞書・百科事典を集めたもの,Windows版のみ)にも収録
    3. 『旺文社英和中辞典』(Comprehensive,旺文社) 13万5000語,2432ページ; B6ワイド版
    4. 『ジーニアス英和辞典』改訂版(大修館)見出し・関連語句9万2000
    5. 文法・語法に関する記述が詳しく,日本人が勘違いしやすい項目についても懇切丁寧な解説がある。『ジーニアス和英辞典』と一体になったCD-ROM版,電子ブック版あり。

    なお,収録語数が多ければよいというわけではない。そもそもたかだか見出し語10万〜15万語では,文学作品を読むには不足である。編集方針から考えても,英語の学習に役立つものだと心得て,自分が使いやすそうなものを選べばよい。ここには見出し語が6〜7万の辞書(高校生対象)のものは載せていないが,現在使っているものが使い勝手がよければそのまま使ってもかまわない。それに加えて『リーダーズ英和辞典』を購入すればよいのである。

    和英辞典

    大辞典
    1. 『新和英大辞典』4版(研究社) 8万語(成語・句16万,例文5万) 2110ページ; 普及版, 背革装版  
    2. 『口語英語大辞典』(朝日出版社)英和12500,和英8800項目 2479ページ 用例は全て例文形式なので文脈を理解しやすい。やや古くなっているのと,網羅性が高くないのが難点。
    中辞典
    1. 『プログレッシブ和英中辞典』(第2版) (小学館) 7万語(用例10万);B6 ・2018ページ;普及版,総革装版 『Microsoft/Shogakukan BookShelf マルチメディア統合辞典2.0』(CD-ROM辞書・百科事典を集めたもの,Windows版のみ)に収録  
    2. 『新和英中辞典』4版 (研究社) 7万語(用例句例10万) 2048ページ; B6小判・A5判, 革装版, 机上版 CD-ROM版,電子ブック版もある。
    3. 『カレッジライトハウス和英辞典』(研究社)約7万8千語,1936ページ;B6変型判, 革装版, 机上版 定評ある『ライトハウス和英辞典』(第3版,4万語1632ページ)の上位版。コロケーション欄が設けられているのが特徴。

    英英辞典

    学習辞典
    1. A. S. Hornby, Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English,5th edition (Oxford University Press, 1995; 『オックスフォード現代英英辞典』 開拓社; ハードバック版,コンパクト新装版,ペーパーバック版)
    2. Longman Dictionary of Contemporary English,3rd edition (Longman, 1995; 『ロングマン現代英英辞典』 丸善, 桐原書店; 普及版, 机上版)
    3. Cambridge International Dictionary of English(Cambridge University Press, 1995『 ケンブリッジ・インターナショナル英英辞典』) 収録語数約10万語と,このクラスのものではいちばん多い。
    大辞典
    1. The Oxford English Dictionary,2nd edition, 20 vols. (Oxford University Press, 1989) 1st edition 12 vols.(1888-1928), supplement 1+4 vols.(1933-86) 略称OED。見出し語59万語を誇る,英語の辞書として最大かつ最も信頼されている辞書。用例の初出年が載っており,単語のある意味がおおよそいつ使われるようになったか,あるいは時代によって意味がどのように変遷してきたがわかり,いわば古語辞典といしても利用できるようになっている。Windows,Macintosh上で動くCD-ROM版があり,成蹊大学図書館にも用意されている。

    2. Webster's Third New International Dictionary,unabridged edition (Merriam-Webster, 1961) 見出し語45万語のアメリカ英語最大の辞書。アメリカ文学を学ぶものにとってはこちらも必須のものである。

    3. Random House Webster's Unabridged Dictionary, 2nd edition (Random House, 1987, 1997;『ランダムハウス英英大辞典 第2版1997年増補版』丸善) 1st edition (1966) 見出し語31万5000語。Windows版CD-ROMは1999年アップデート版で発音機能も追加されている。言葉の「辞典」としてでなく事物の「事典」としても使えるようになっているのが特徴。
    実用辞典
    日本人の英語学習者・文学部の学生にとっていちばんなじみが薄い英英辞典が,この実用辞典かもしれない。英米人にとっては,いちばんよく使う「国語辞典」であるが,とくに収録語数が多いわけもなく,また英語を母国語としない人向けの解説が詳しいわけでもない。しかし以下にあげるようにそれぞれに特徴があり,場合によっては大辞典よりも簡潔な定義が載っていてその語の意味を把握しやすいこともある。

    1. Collins Cobuild English DictionaryThird Edition(HaperCollins, 1995;『コリンズコウビルド英語辞典』秀文インターナショナル) コーパス(言語資料;記録された発話やテキストの集積)をもとに実際の用例のみを載せた辞書の先駆というべき辞典。ふつうの辞書のように定義がはっきりと示されるのではなく,「ある単語はこういうときに使う」という具体的な状況が記されているだけであるというのも面白い。Windows上で動作するCD-ROM版がある。

    2. The American Heritage Dictionary of the English LanguageThird Edition(Houghton Mifflin, 1994;『アメリカン・ヘリテージ図解英語辞典 改訂第3版』秀文インターナショナル) 略称AHD。定義が明快で語の意味がわかりやすい。『Microsoft/Shogakukan BookShelf マルチメディア統合辞典2.0』(CD-ROM辞書・百科事典を集めたもの,Windows版のみ)に収録されている。

    3. New Shorter Oxford English Dictionary(Oxford University Press, 1993)
    4. Concise Oxford Dictionary,10th edition (Oxford University Press, 1999) どちらもCD-ROM版が英国 Oxford University Press から直接購入可能。
      SODはOED第二版を典拠として新語なども加えたもの。定義語数は50万語以上。CODは見出し語19万語,AHDと同様定義が明確で語の意味がわかりやすい。

    5. Merriam-Webster's Collegiate Dictionary 10th Edition (Merriam-Webster, 1993; 『メリアム・ウェブスター・カレッジ英英辞典/第10版』 丸善) 上記Webster's Third New International Dictionaryを親版としている。CD-ROM版はシソーラスも収録。

    6. Random House Webster's College Dictionary,revised and update edition (Random House, 1999; 『ランダムハウス・ウェブスター・カレッジ英英辞典』 丸善) 上記Random House Webster's Unabridged Dictionary 1st edition を典拠としている。定義語数20万5000以上。

    特殊辞(事)典
    1. 『新編英和活用大辞典』(研究社)B5変型判,EPWING CD-ROM版,電子ブック版 価格や検索のしやすさを考えると、CD-ROM版あるいは電子ブック版を推奨したい。

    2. The BBI Dictionary of English Word Combinations(John Benjamins, 1997) 書籍であれば、こちらのペーパーバック版を買うことをすすめる。日本の大手洋書店で約3500円前後で購入できる。なお、この辞書の前身、The BBI Combinatory Dictionary of English(1990)の翻訳が『BBI英和連語活用辞典』丸善(1993)として出版されているが、こちらは約7000円と値が張る。

    3. 『バートレット引用句辞典』Bartlett's Familiar Quotations16th Edition 聖書やシェイクスピアのせりふなどが文学作品に引用されることは数多いが,これで引用語句がなにからきているかを調べられる。CD-ROM版は現在Windows版,Macintosh版とも絶版になっているようである。

    4. Roget's Thesaurus(Penguin Books, 1998)『ロジェ・シソーラス類語辞典』 Websterが辞書の代名詞であると同様、Roget'sはシソーラスの代名詞であり,Bartlett's Roget's ThesaurusRandom House Roget's Thesaurusなど,その名を冠した類義語辞典は枚挙に暇がない。ここに挙げたのは本家本元のRoget's Thesaurusであるが,この辞典は「暑い」「提案する」といった主題別に並べられているため,初学者には使いにくいことがある。ちなみに、シカゴ大学のサイトhttp://humanities.uchicago.edu/forms_unrest/ROGET.htmlでオンライン検索ができる(ただし著作権の切れている1911年の初版)。むしろ,『Microsoft/Shogakukan BookShelf マルチメディア統合辞典2.0』(CD-ROM辞書・百科事典を集めたもの,Windows版のみ)や多くの携帯電子辞書などに収録されている

    5. Roget's II : The New Thesaurus などのように,ABC順に単語や熟語が並べられてそれぞれの類語が記載されている形式のもののほうが使いやすいだろう。また,代表的なワープロソフトである Microsoft Word(Windows版・Macintosh版)にはシソーラスの機能が付属しているので,Wordを使っている人はこちらを使ってもよい。さらに,安価なペーパーバックとしては,

    6. Webster's New World Thesaurus などが代表的である。学内の紀伊国屋ブックショップにも置いてある。
    その他にも発音辞典(固有名詞の読みを調べる),語源辞典(中・大辞典の語源欄でふつうは十分である),熟語辞典,スラング・新語辞典,語法辞典,外来語辞典,方言辞典など,目的に応じたさまざまな辞書があるが,その詳しい解説は必要なときに英米文学科の授業でなされるであろう。興味のある人は,『大学生の英語学習ハンドブック』(研究社)pp. 86-91を参照のこと。ちなみにこの本は他にも「海外留学の心得」「専門分野の研究法」など,英米文学科の学生にとって必要な情報が満載されている有用なものである。

mailto: hibino@fh.seikei.ac.jp

Last update: 03/07/00